たまりば

  生活・暮らし 生活・暮らし  八王子市 八王子市

山茶花が華やぐ季節

2016.11.27

紅葉も終わりに近づき、無彩色になっていく今の時期。
景色を華やかにしてくれるのは山茶花でしょう。
香りも良いですね。

花の色は、マゼンタで通じるくらいの濃いピンク。

ただし、山茶花色という色名は、多分ありません。
ちなみに、椿色もありません。
山茶花は日本原産で、花もきれいなのに。

一方で、山茶花や椿をヨーロッパに持ち帰った
チェコスロバキアの宣教師カメルさんにちなんで、
山茶花の学名は Camellia sasanqua。
カメリアという色名もあります。

カメルさんは、植物を持ち帰っただけでなく、
ヨーロッパで広めて、ヨーロッパで認められて、
植物の学名も、色の名前も、カメルさんなのですね。

日本人も、山茶花や椿が大好きで、
景色や生活に溶け込んでいると思うのですが。

山茶花や椿という名前だけあれば、
学術的にとか、色の名前など、
どうでもよかったのかもしれません。

今年も、山茶花が華やぐ季節になりました。

★27日(東京)の・・・
日の出 6:28、日の入り 16:29、
月の出 4:04、月の入り 15:21、
金星の入り 19:20

きょうの月は【二十七夜の月】

夜は雨になりました。

★28日(東京)の・・・
日の出 6:29、月の出 4:57



ツイッターでも空情報をお伝えしています。
ま~こ https://twitter.com/maakorin
お気軽にフォローしてくださいね♪

よろしければ、フェイスブックもご覧ください。
https://www.facebook.com/mayuko.hazuki

メールは、こちらへお願いします。
hazukimayuko@gmail.com
 

  


  • 2016年11月27日 Posted by ま~こ at 23:32Comments(0)色彩植物

    舞台では、演色性にご注意!

    2016.08.06

    サロンコンサートへ行ったときのこと。

    舞台のライトに照らされたピアニストは、
    とてもシックなグレーのドレスを身にまとい、
    素晴らしい演奏を披露してくださいました。

    演奏直後、ピアニストにお会いしたところ、
    グレーに見えていたドレスが、
    実際は、きれいな藤色だったことが判明!

    せっかくのドレスが、
    舞台の上で見え方が違っていたことは、
    とても残念に思いました。

    改めて見ると、この会場のライトは全体的に
    あたたかみのある黄色っぽい色をしています。

    やさしい光に包まれると、
    落ち着きますし、ほっとします。

    ただ、せめて舞台だけは、
    もっと太陽光に近い照明が好ましいと思いました。

    もしかしたら、サロンコンサートなので、
    くつろいで過ごしてほしいという願いを込めて、
    あえて、この色のライトにしたのかもしれませんが。

    物の色の見え方は、照明次第です。
    そして、照明による物の色の見え方の違いを「演色性」と言います。

    明らかに太陽光と違う色に見える照明の場合は、
    事前チェックをしたほうが良いでしょう。
    肌の色の見え方も変わってきますし。

    この日、多くの聴衆の目に映ったのは、
    グレーのドレスを着ていたピアニストの姿。

    もったいないですよね。
     
      


  • 2016年08月06日 Posted by ま~こ at 09:12Comments(0)色彩

    いま気になる色 ~ 明るい黄色

    2016.08.03

    好きな色とは別に、
    妙に気になる色はありませんか?

    気になる色は、あなたに、いま必要な色であったり、
    あなたの状態を表していたりします。

    わたしは最近、黄色が妙に気になりますし、
    黄色のものを選びがちです。
    黄色をとても好ましく感じているのです。

    黄色が意味するのは?

    まず、暖かみのある光を象徴する色であること。
    太陽の色でもありますね。

    日本で太陽は赤いイメージですが、
    ほかの国では黄色が多いのです。
    そのため黄色は、太陽の色とされています。

    また黄色は、希望や知識、ユーモアを象徴する色。
    それから、暖かさやひらめき、判断の象徴でもあります。

    既存の枠にとらわれない新しい考え方が活性化し、
    物事の側面に気づく助けにもなります。

    現在わたしは、自分の過去を振り返り、
    自分の好きなことや得意なことをピックアップしています。
    これからの自分に活かすために。

    今までもやってきて、ピックアップもしているのですが、
    どうもコトの重要性に気づけない。

    ピックアップした事柄について、
    ようやく多角的に見ることができるようになってきて、
    思ってもいなかった価値を見出したり。

    このタイミングで、わたしには
    黄色が必要なのでしょう。

    具体的に黄色い物がなくても、
    黄色を思い浮かべるだけで大丈夫。
    良い気分転換にもなります。

    あなたにとって、いま気になったり目につくのは
    何色ですか?

    きっと、その色は、現在のあなたに必要な色。

    深呼吸したり、リラックスしている時など、
    気になる色を思い浮かべてみてくださいね。
     
      


  • 2016年08月03日 Posted by ま~こ at 22:57Comments(0)色彩

    ライラックの季節になりました

    2016.04.20

    ライラック薫る季節になりました。
    写真は白いライラック。

    え? ライラックは薄紫色では?

    そう思ったかたも、いらっしゃるでしょう。
    ライラック色が薄紫色ですものね。

    実際、ライラックの花は多彩で、
    代表的な薄紫色のほか、白や赤もあるんです。

    ライラックの甘い香りも人気です。
    香水に使われるくらいに。

    英語でライラック、
    フランス語ではリラと呼ばれます。

    初夏の風に乗って、
    爽やかな甘い香りが漂ってきます。

    また少し、季節が進んだのですね。

    ★20日(@東京)の・・・
    日の出 5:02、日の入り 18:18、
    月の出 16:33、月の入り 21日4:22、
    木星の入り21日3:12

    きょう出る月は【十四夜の月】
    満月は22日

    ★21日(@東京)の・・・
    日の出 5:01、月の出 17:27



    ツイッターでも空情報をお伝えしています。
    ま~こ https://twitter.com/maakorin
    お気軽にフォローしてくださいね♪

    よろしければ、フェイスブックもご覧ください。
    https://www.facebook.com/mayuko.hazuki

    メールは、こちらへお願いします。
    hazukimayuko@gmail.com
     
      


  • 2016年04月20日 Posted by ま~こ at 22:52Comments(0)色彩植物

    あなたは茶目ですか?

    色のある言葉

    「お茶目」と聞いて、
    茶色い目だと思う人は少ないですよね?

    なぜなら、実際の目についての言葉ではないから。

    「お茶目」とは、ご存じのとおり、
    子どもっぽく愛嬌のあるイタズラをするさまや、そんな人のこと。

    日本人の場合、お茶目な人の目(黒目)の色は?
    茶色です。
    そして、お茶目でない人も茶色です。

    日本人で黒目が本当に黒い人は、ほとんどいません。
    ですから、黒目と言いつつ、実際は茶色なのです。

    白目に対して黒目と呼ぶようになったのでしょうね。

    では、なぜ、子どもっぽい愛嬌のある人を
    お茶目と呼ぶようになったのでしょう?

    いくつかの説があるようなので、
    代表的な説を2つ。

    説その1。
    「茶」は、「茶化す」と同じで、
    「ひやかす」とか「はぐらかす」「ごまかす」の意。

    「め」は、「めかす」の「め」。
    「おめかしする」の「めかす」です。

    つまり、それらしく振る舞うとか、
    身なりを整えるの意です。

    「おちゃらける」と同義語でしょうか。

    説その2.

    「ちゃりめ」の略。

    「ちゃり」は「おどけた」とか「ふざけた」の意。
    「め」は女性のこと。

    まとめると「ふざけた女」に。
    「茶番」にも繋がりそうです。

    どちらの説を見ても、茶は、
    色以外の意味で使われていることが多いかもしれません。

    茶は、さまざまな日本の文化を反映する、
    とても豊かな言葉なのでしょうね。
      


  • 2016年03月17日 Posted by ま~こ at 13:53Comments(0)色彩ことば

    黄色いミモザ

    2016.03.01

    黄色いミモザが、とってもきれい!

    ご存じのとおりミモザは、
    ミモザアカシアやギンヨウアカシアなどの名前でも親しまれています。

    「ギンヨウ」は「銀葉」と書くのですね。
    葉が銀色がかっているからなのだそう。

    そう言われてみると、葉は青くない。
    お日様に当たると、確かに銀色っぽく見えますし。

    ミモザがあると、周囲がパッと明るくなります。
    ミモザを見ていると、なんだかウキウキしてきます。

    黄色が光の象徴で、明るさや希望を与えてくれるから、
    黄色に春を感じるのでしょうね。

    ミモザの黄色がとても印象深かったので、
    グリーンと白でまとめたわが家のトイレに
    ミモザ色のタオルを下げてみました(^^)

    ★1日、東京の・・・
    日の出 6:11、日の入り 17:36、
    月の入り 10:15、月の出 2日0:20
    木星の出 18:06

    今夜出る月は【二十三夜の月】
    2日8:11に下弦の半月の瞬間を迎え、東京では2日10:57に沈みます。

    ★2日、東京の・・・
    金星の出 5:05、
    日の出6:10



    ツイッターでも空情報をお伝えしています。
    ま~こ https://twitter.com/maakorin
    お気軽にフォローしてくださいね♪

    よろしければ、フェイスブックもご覧ください。
    https://www.facebook.com/mayuko.hazuki

    メールは、こちらへお願いします。
    hazukimayuko@gmail.com
     
      


  • 2016年03月01日 Posted by ま~こ at 22:39Comments(2)色彩植物

    暦の上では春だから

    2016.02.04

    ピンク色の花を飾ってみました。

    早春は黄色い花が主流だと思うのですが、
    なぜか今年はピンク色の花が目につくからです。
    主観かもしれませんが。

    ピンク色は、
    場をやさしくしてくれますね。

    何もないところで花の甘い香りをイメージすると、
    多くの人がピンク色の花を思い浮かべるのだそう。
    ピンク色のバラとかね。

    ピンク色の花が、そこにあるだけで、
    ちょっと幸せな気分になりませんか?

    空には雲が多めですが、
    風もなく穏やかな立春の日になっている
    八王子・高尾エリアです。

    ★4日、東京の・・・
    日の出 6:39、日の入り 17:11、
    月の出 2:31、月の入り 13:04

    きょうの月は【二十五夜の月】
    雲が多くて、月と土星が見えなくて残念でした。

    ★5日、東京の・・・
    日の出 6:39、月の出 3:26



    ツイッターでも空情報をお伝えしています。
    ま~こ https://twitter.com/maakorin
    お気軽にフォローしてくださいね♪

    よかったら、フェイスブックもご覧ください。
    https://www.facebook.com/mayuko.hazuki

    メールは、こちらへお願いします。
    hazukimayuko@gmail.com
     
      


  • 2016年02月04日 Posted by ま~こ at 11:49Comments(0)色彩

    世界中で愛されている青い色

    2015.12.18

    人類が最初に認識した青は、空の色。

    青は、世界中で愛されている色と言われています。

    頭上に広がる空の青は、
    世界のどこにいても、感じることのできる色だから。

    青は、肉体の緊張が下がってリラックスできる色。
    クールダウンにも役立ちます。

    一方で、冷たさをイメージするので、
    日常のインテリアには、
    広範囲にならない程度がオススメです。

    青い空。
    あなたは好きですか?

    ★18日、東京の・・・
    日の出 6:45、日の入り 16:30、
    月の出 11:26、月の入り 23:32

    きょうの月は【八日月】
    あすは上弦の半月

    ★19日、東京の・・・
    日の出 6:45、月の出 12:04



    ツイッターでも空情報をお伝えしています。
    ま~こ https://twitter.com/maakorin
    お気軽にフォローしてくださいね♪

    よかったら、フェイスブックもご覧ください。
    https://www.facebook.com/mayuko.hazuki

    メールは、こちらへお願いします。
    hazukimayuko@gmail.com
     
      


  • 2015年12月18日 Posted by ま~こ at 15:10Comments(2)色彩

    赤は、あたたかい

    2015.11.26

    景色はまだ晩秋ですが、
    気候は冬。

    人々の装いも、すっかり冬になりました。

    背の低い植物の、赤い葉を見ていたら、
    あたたかな火のように感じてしまいました。

    ★26日の・・・
    日の出 6:27、日の入り 16:29、
    月の出 17:05、月の入り 27日7:18 (@東京)

    きょう出る月は【十五夜の月】で【満月】
    満月の瞬間は7:44でした。

    ★27日の・・・
    日の出 6:28、月の出 17:59 (@東京)



    ツイッターでも空情報をお伝えしています。
    ま~こ https://twitter.com/maakorin
    よかったらフォローしてくださいね。基本フォロー返しします♪
     
      


  • 2015年11月26日 Posted by ま~こ at 10:07Comments(2)色彩

    月 草

    2015.09.18

    昔の人は、露草のことを月草と呼んでいたのだそう。

    花びらの青い色を、衣などにすりつけて染めることから「つきくさ」と呼び、そこに「月」の字を当てました。
    色が着くことから、「着草」→「つきくさ」→「月草」と。

    ほかに、「移草(うつしぐさ)」や「藍花(あいばな)」「青花(あおばな)」「縹草(はなだぐさ)」とも呼ばれます。

     ※縹(はなだ)
       昔は、青色を縹、緑色を青、と呼んでいました。

    もともとの呼び名「露草」は、朝露の頃に花開くことから。

    朝開いた花は、夕方になる前にしぼんでしまいます。
    花の命は短くて。
    ところが翌日、また次の花を咲かせるのです。

    毎日、同じ花が咲いているのではなく、毎日、新しい花が咲いている。
    だから、いつ見ても瑞々しい。

    姿形の愛らしさに加えて瑞々しさも、月草の大きな魅力ですね。

    ★18日の・・・
    日の出 5:25、日の入り 17:45、
    月の出 9:35、月の入り 20:31 (@東京)

    きょうの月は【六日月】

    ★19日の・・・
    日の出 5:26、月の出 10:29 (@東京)
      


  • 2015年09月18日 Posted by ま~こ at 14:22Comments(0)色彩ことば植物