たまりば

  生活・暮らし 生活・暮らし  八王子市 八王子市

色目がストライクゾーンでなくても似合う理由

2016.06.29

ずーっと使っていたバッグのファスナーが
突然壊れました。
バッグ屋さんの前で!

思いがけず知り合いに会い、
バッグから物を取り出そうとした瞬間でした。

バッグの内側の布地も傷んでいて、
どうしようかと考えているところでもありました。

何年使ったかな?
ずいぶんと活躍してくれたよね。
どうもありがとう!

迷うことなく、そのままバッグ屋さんに入り、
新しいバッグを選ぶことにしたのです。

欲しいのは、
きれいな色で、A4サイズが入る
ショルダーバッグ。

その旨を伝えたところ、
スタッフが勧めてくれたのは、
サーモンピンクのバッグ。

とてもきれいな色です。
バッグとしては合格点。

たっぷり入りますし、
ショルダーがしっかりしているので、
多少重いものを入れても大丈夫。

ただ厳密にいうと、黄みのあるサーモンピンクは、
わたしにピッタリな色ではありません。

無理かな?
と思いつつ肩にかけて鏡に映して見たところ、
予想以上に良い感じ!

さらに店内を一周して、ほかのバッグを見て回りましたが、
サーモンピンク以上に気に入るバッグはありませんでした。

サーモンピンクにするか否か?

わたしにとってベストな色ではないだけで、
ほかにマイナスポイントはありません。

細かく言うと、黄みがある以外、
鮮やかでハッキリした色のサーモンピンクは、
わたしに似合うのです。

今まで使っていたバッグはスモーキーピンク。
スモーキーピンクの場合、
色相は似合いますが、鮮やかさに欠けます。

スモーキーピンクとサーモンピンクを比べると、
サーモンピンクのほうがいい!

青みのある くすんだ色よりも、
黄みのある鮮やかな色のほうが、
わたしには似合うのです。

色は、色相、彩度、明度から成り立っています。

色相とは、赤や青、黄色といった色目のこと。
彩度とは、その色が明るいか暗いか、薄いか濃いかといった度合いのこと。
明度とは、その色がクリアかくすみがあるかといった鮮やかさの度合いのこと。

似合う色は、
この3つの要素が混ざり合った結果で、
3つの要素の割合は人それぞれです。

ですから、似合う色を探しているとき、
ストライクゾーンから少し外れているものを見つけても、
まず、人と色の相性を、自分の目や鏡で確かめましょう。

色目だけ見て、手に取ることもせず、
自分には似合わないと決めてしまうのは、もったいない。

反対に、似合う色であっても、
模様やデザイン次第で、大きく外れる可能性もあります。

気になった洋服や小物は、
必ず試着したり、身に着けて確かめましょうね。

予想外のものが似合うかもしれませんよ。
 
  


  • わたしがイメージコンサルタントになった理由

    2016.01.12

    わたしがイメージコンサルタントになろうと決めたのは、
    おしゃれが下手だったから。

    それほど着飾っていないはずなのに、
    「少し派手じゃない?」と言われたり。
    その割にピシッとキマることもなく。

    自分にはおしゃれのセンスがない。
    ずーっと、そう思っていました。

    パーソナルカラーというものがあることを知ったのは2005年のこと。
    パーソナルカラーについて書かれた本を見つけたとき。

    パーソナルカラーを知りたかったからではなく、
    少しはおしゃれになれるかと思ってのことでした。

    その本には肌の色のカラースケールがあり、
    自分の肌の色と比べて、自己診断するというもの。

    自分の肌の色に一番近い色をチェック。
    さらに、いくつかの質問に答えると、
    自分のパーソナルカラーにたどり着きます。

    この本のカラースケールと質問で、わたしは
    オータム(秋)タイプになりました。

    それから数年の間、
    自分はオータムタイプだと信じていました。

    ところがです。
    黄みの強い、くすみのあるクリーム色の洋服を試着したところ、
    なんだか老けて見えるのです。

    正確には、その服を身につけると、
    顔全体がたるんで、急に歳をとった感じになるのです。

    「トシだから、こういう服は、もう似合わないのかな……」
    と、かなり残念な気持ちになりました。

    同時に、パーソナルカラーのチカラは
    年齢を重ねると効果がなくなると、
    勝手に思い込んだのです。

    実際は逆で、パーソナルカラーは一生もの。
    年齢を重ねるにつれて、そのチカラは大きくなります。

    年齢を重ねるごとに、
    似合う色と似合わない色の差が大きくなるからです。

    それから4年後の2009年。
    仕事がしたくて、在宅ライターになりました。

    ライターとしての情報を得たり、
    ほかのライターさんたちと交流するうちに、
    書くこと以外に、もう1つ、
    自分の得意なことをやろうと考えました。

    得意なことが思い浮かばなかったので、
    小さい頃から好きだった色、
    つまりカラーに関する何かができないかと。

    そうだ!
    イメージコンサルタントになろう!

    そう考えたわたしは、
    まずイメージコンサルティングを受診します。

    次々とテストカラーのドレープを当ててもらいながら、
    鏡に写る自分の姿、自分の変化を
    じいっと見つめていました。

    そこで導き出されたパーソナルカラーは
    ウインター(冬)。

    パーソナルカラーだけでなく、
    パーソナルデザインの診断もしてもらいました。
    似合う色を活かしたパーソナルメイクも教えてもらいました。

    わたし自身はそのままなのに、
    パーソナルカラーの口紅とチークをつけただけで、
    お肌つやつや。今までより若々しく見えるのです。

    衝撃的でした!

    イメージコンサルティングはセンスではなく理論。
    そこも大きなポイント。

    理論ですべてを導き出せる。
    少し理屈っぽいわたしにはピッタリです(笑)

    朝から夕方まで、連日、指導を受けて、
    かつてないほどに集中して勉強し、
    実習や作法もこなしました。

    晴れてイメージコンサルタントの資格を取得。
    (民間の資格です)

    しかし、自分がイメージコンサルタントであることや、
    どんなサービスを提供できるのかなどは、
    ほとんどアピールしてきませんでした。

    一言で伝えるのは難しいですし、
    人生に絶対必要なことでもありませんから。

    ただ、似合う理由、似合わない理由がわかるだけで、
    洋服選びや、おしゃれが、とても楽になることは
    間違いありません。

    今までイメージコンサルティングをした方々は、
    偶然ですが、中高年の女性がほとんどです。

    さすが中高年女性!
    と感じたのは、
    メイクの色が、そこそこ合っていたこと。

    それでも、少しの色の違いで
    印象が大きく変わることに驚いておられました。

    若いかたは、20歳前にコンサルティングを受けて、
    成人式のお着物選びに活かしていらっしゃいます。

    イメージコンサルティングについて
    何かございましたら、ご相談くださいね。

    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

    パーソナルカラー
    パーソナルデザイン
    などに関する お問い合わせは
    イメージコンサルタントまで

    メール
    hazukimayuko@gmail.com

    または、フェイスブック・メッセージにて
    https://www.facebook.com/mayuko.hazuki
     
      


  • パステルカラーが似合いそう?

    2016.01.07

    「パステルカラーが似合いそう」
    よく言われます。

    でも残念ながら、似合わないのですよ。
    わたしには。

    パステルピンクのカットソーなど着ようものなら、
    まるでババシャツ(←ふるっ)!

    オシャレなカットソーなのに、
    下着や寝巻に見えてしまうのです。

    わたしがパステルカラーを身につけると、
    顔も、衣服も、ぼ~~っとした印象になるから。

    いくらステキなカットソーやジャケットでも、
    ぼ~~~っとした第一印象だと、
    相手が不安になります。

    身なりを整えているにも関わらず、
    普段着のままのように思われてしまったり、
    冴えない人のような印象を与えてしまったり。

    とっても、もったいないですよね。

    なぜ、わたしには、
    パステルカラーが似合わないのか?

    それはパステルカラーが、
    色に白が混じって、くすんでいるから。

    明るく柔らかいパステルカラーは、
    結構くすみのある色なのです。

    クリアな色が得意なわたしが苦手とする
    色のグループだから似合わない。

    パステルカラーは、くすんでいて、
    明るくやわらかなステキな色。

    ですから、パステルカラーが得意なかたは、
    クリアな色ではなく、
    くすみのある柔らかい色がお似合いなのです。



    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

    パーソナルカラー
    パーソナルデザイン
    などに関する お問い合わせは
    イメージコンサルタントまで

    メール
    hazukimayuko@gmail.com

    または、フェイスブック・メッセージにて
    https://www.facebook.com/mayuko.hazuki
     
      


  • 2016年01月07日 Posted by ま~こ at 12:29Comments(0)イメージコンサルティング

    わたしが10歳老ける服

    2016.01.06

    ちょっとフェミニンでシンプルなデザインの
    モスグリーンのカットソー。

    わたしの場合。
    着た瞬間、10歳老けます(苦笑)

    モスグリーンは、
    シックで落ち着いたステキな色。

    けれども、とても残念なことに、
    わたしには似合わないのです。

    シミやシワ、ほうれい線が強調されたり、
    フェイスラインがぼやけたり・・・。

    わたしのパーソナルカラーは冬。
    そのなかでも、くすんだ色目と中間色が、とても苦手なタイプです。

    このモスグリーンは、くすみのある中間色ですから、
    理論的にも似合いません。

    もしも、どうしても着たい場合は、
    似合う色の羽織物やストールで、
    カットソーの面積を小さくすることでしょうね。

    そうすれば、顔色や雰囲気が
    良い方向に変化しますから。

    苦手な色は、できるだけ
    顔の近くに持ってこないのが無難です。

    苦手な色が顔の近くにあると、それだけで、
    元気がないように見えたり、
    不機嫌そうに見えたりしますから。

    シンプルで襟ぐりがフェミニンなデザインが、
    わたしにピッタリであるにもかかわらず。

    このモスグリーン。
    パーソナルカラーが秋で、
    このデザインが似合う人が着ると、
    とってもステキに女性らしく見えるから不思議です。



    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

    パーソナルカラー
    パーソナルデザイン
    などに関する お問い合わせは
    イメージコンサルタントまで

    メール
    hazukimayuko@gmail.com

    または、フェイスブック・メッセージにて
    https://www.facebook.com/mayuko.hazuki
     
      


  • 「その」ひとことが大切なんです

    2015.11.29

    「ピンクは似合わないね」
    「ブルーは似合わないよ」

    十代の頃、それぞれ別の人から言われました。

    自分で鏡を見ても、たしかにイケてない。
    わたしって、ピンクもブルーも、似合わないんだ。
    好きな色なのに・・・。

    それからというもの。
    ごく稀にピンクは着ましたが、
    ブルーは着ないようにしていました。

    紺色も避けていて、
    同じデザインで色違いがあるならば、
    ベージュやカーキを選んでいました。

    ところがです。
    そうして年月を重ねてきたら、
    ベージュやカーキも、なんだか似合わない。

    そう。
    ピンク全般が似合わないのではなく、
    そのとき身に着けていた、
    あのピンクが似合わなかった。

    そのとき身に着けていた、
    あのブルーが似合わなかっただけのこと。

    せめて
    「そのピンクは似合わないね」とか、
    「そのブルーは似合わないよ」と言われたら。

    「いま着ている服が似合わない」
    と受け止めることができていたと思います。

    ですから、もしも、
    目の前にいる人が似合わない装いをしていて、
    「似合わない」とアドバイスするならば。

    「その○○」と、必ずピンポイントで
    アドバイスすることをオススメします。

    誰にでも、必ず似合う色があります。

    それは、ピンクが似合うとか、
    ブルーが似合う、というものではありません。

    こんなピンクが似合う、こんなブルーが似合う、
    というものです。

    そのような似合う色を導き出すのが
    パーソナルカラー診断です。

    似合う色がわかっても、まだ道半ば。
    その似合う色を、どのように装うのか?

    たとえばジャケット。

    ボタンを全部かけるか、
    ボタンを1つだけかけるか、
    ボタンをかけずに、前を開けるか。

    袖口を折り返すか。

    同じジャケットでも、
    かなり表情が変わります。

    そして、あなたに似合うのは、
    どんな着方?

    そんな装いの方向性を見出すのが、
    パーソナルデザイン診断です。

    自分のパーソナルカラーやパーソナルデザインを知って、
    自立したオシャレを楽しみませんか?

    診断は一度きり。



    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

    パーソナルカラー
    パーソナルデザイン
    などに関する お問い合わせは
    イメージコンサルタントまで

    メール
    hazukimayuko@gmail.com

    または、フェイスブック・メッセージにて
    https://www.facebook.com/mayuko.hazuki

      


  • 能面メイクになっていませんか?

    2015.11.14

    「お化粧するなら、きれいな肌に見えるようにしたい!」
    そう思って、鏡に写った自分の顔を見ながら
    せっせとファンデーションを塗っていませんか?

    「お化粧するなら、少し色白になりたい♪」
    そう思って、自分の肌より白いファンデーションを選んでいませんか?

    「しっかりカバーしなくちゃ!」
    そう思って、自分の顔全体を、塗り固めていませんか?

    小さい鏡を使ってお化粧する場合は、
    顔の一部しか見えないので、
    もっと注意が必要です。

    そうして出来上がった顔は、
    まるで能面のようなメイクかも。

    さらに。
    顔がきれいに整えられている分、首の色との差もできて、
    首が残念な感じに見えてしまうことも。

    それから。
    薄くしかつけていないのに、
    かなりの厚化粧に見えていませんか?

    厚化粧っぽくならないために。
    まずは色選び。
    自分の肌と同化する色のファンデーションにすること。

    色が合っていると、いきいきした自然な肌色に見えるんです。

    ファンデーションは、自分では足りないと感じるくらいで充分です。
    少量をぼかすようにして、お肌になじませること。

    自分の肌の色になじむファンデーションを、
    薄くつけるだけで、
    自然できれいな女性になれますよ♪

    自分自身のことは
    鏡に写った姿でしか確認できないから
    難しいんです。



    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
    あなたに合うファンデーションの色。
    一緒にチェックしてみませんか?

    普段つけない色の口紅もいくつかつけて、
    違いを実感してみませんか?

    印象の変化を体験して、
    今後のメイクにお役立ていただければ幸いです。

    パーソナルメイク・アドバイス
    ¥1000/60分

    場所:相談

    ▼お問い合わせ
    hazukimayuko@gmail.com
    または、フェイスブック・メッセージにて
       


  • 2015年11月14日 Posted by ま~こ at 17:34Comments(0)イメージコンサルティング

    パーソナルカラーとは?

    Personal Color

    パーソナルカラーを、ご存じですか?

    パーソナルカラーとは、あなたの肌や目、髪の色と調和する色のこと。
    調和する色とは、あなたに似合う色です。

    あなたの肌や目、髪の色は、あなたが生まれながらに持っている色ですから、太っても痩せても、年齢を重ねても、似合う色が変わることはありません。

    それでは、説明していきましょう。

    まず、「色の三原色」について少しお話しします。

    原色とは、ほかの色を混ぜてつくることのできない色のことで、すべての色の土台になります。
    そして「色の三原色」とは、シアン(緑みの青)、マゼンタ(赤紫)、イエロー(黄)という3つの色のこと。

    「色の三原色」は、絵の具やインクなどの顔料(色料)で使われますし、人の肌の色も「色の三原色」で見ています。

    ちなみに、パソコンなどの画面に表示される色は「光の三原色」です。
    「色の三原色」と「光の三原色」、合わせて6つの色が、この世界における全ての色の土台になっています。

    さて、あなたのパーソナルカラーを診断する際、肌の色を見るとき、大きなポイントの1つが頬の色です。
    あなたの頬の色が、オレンジ系かローズピンク系のどちらなのかを見ています。

    これは日本やアジアの、いわゆる黄色人種だけではありません。
    欧米人も、アフリカ人も、オレンジ系かローズピンク系、どちらかの色を生まれ持っているのです。

    そして、頬の色がオレンジ系の人は「イエローベース」に、頬の色がローズピンク系の人は「ブルーベース」に属します。

    つまり、「色の三原色」のマゼンタに対して、あなたの頬の色が、シアン(緑みの青)とイエロー(黄)の、どちらに近いかを分析するのが、パーソナルカラー診断の第一段階です。

    パーソナルカラーとは、あなたの肌や目、髪の色と調和する色のこと。
    調和する色とは、あなたに似合う色です。

    いかがでしたか?
    パーソナルカラーについて、少しだけご理解いただけたら幸いです。



    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

    パーソナルカラー
    パーソナルデザイン
    などに関する お問い合わせは
    イメージコンサルタントまで

    メール
    hazukimayuko@gmail.com

    または、フェイスブック・メッセージにて
    https://www.facebook.com/mayuko.hazuki
     
      


  • 2015年11月07日 Posted by ま~こ at 17:11Comments(0)イメージコンサルティング

    「似合う」とは?

    「似合う」とは、どういうことでしょう?

    ファッションの場合、あなた自身と身に着けたもの、すべてが調和している状態のこと。
    調和するとは、何かが別の何かを引き立てるのではなく、お互いが共鳴し合って輝く状態にあることです。

    たとえば洋服が似合う場合、あなたの瞳や肌や髪が輝くと同時に、洋服も輝くのです。
    着ている人自身も、洋服も、すべてがいきいきしています。

    もし、あなたが「その服、ステキ♪」と言われたら、どう捉えますか?
    この場合、2通りの解釈が可能です。

    1つは、「とても良く似合っている」という意味。
    あなたと服が調和してステキな状態ですね。

    もう1つは、洋服だけがステキという意味。
    この場合、似合っていない可能性が高いのです。

    もしかしたら、洋服が浮き上がって見えてるのかもしれません。
    洋服が前に出て、洋服だけがステキに見える状態。

    人と洋服、アクセサリーなど。
    すべてが輝いて、身に着けているあなたがステキ!
    そんなオシャレをしていきたいですね。



    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

    パーソナルカラー
    パーソナルデザイン
    などに関する お問い合わせは
    イメージコンサルタントまで

    メール
    hazukimayuko@gmail.com

    または、フェイスブック・メッセージにて
    https://www.facebook.com/mayuko.hazuki
     

      


  • 2015年09月22日 Posted by ま~こ at 15:33Comments(0)イメージコンサルティング